モタードレース:「SUPER MOTO INA」

2008年まで開催されていた「INACUP」を受け継ぎ、新しいレースシリーズ「SuperMotoINA」として復活します。コースはMOTO1 ALL STARSコースを使用、スピード感のあるドリフト、そしてダートの本格的バンクとジャンプを楽しむことができます。
近年、不況の影響もあり、次々とモタード専用コースがなくなる中、関東・中部エリア唯一のモタード専用コースで「モタード三昧」してはいかがでしょうか。

■みんなに優しいイベントを目指します
・自走ライダースペース
 自走で来ても安心できるよう、専用パドックを用意。工具等ご用意しております。

■クラス
 ・プロクラス: モタードA級ライセンス所持、もしくは同等のレベルの方
 ・ワンデーヒーローズ: その日1日を楽しみたいライダー(初心者〜中級者)
 ・ストック250:  126cc以上250cc以下の国産市販トレールバイク
【開催日】
第1戦:4月18日
第2戦:7月4日
第3戦:9月26日
※全てInaXと併催

■レギュレーション
  特別規則書  一般規則書


スタンダードターマックモタードレース:「SUPER TARMAC」

昨年までG!STAFFが開催していた「SUPERTARMAC」のブランドをそのまま受け継ぎ、新しいレースフォーマットでアットエントリーが開催いたします。コースはフルターマックの1013mコースを使用。
■みんなに優しいイベントを目指します
・自走ライダースペース
 自走で来ても安心できるよう、専用パドックを用意。工具等ご用意しております。

■クラス
 ・プロクラス: モタードA級ライセンス所持、もしくは同等のレベルの方
 ・ワンデーヒーローズ: その日1日を楽しみたいライダー(初心者〜中級者)
 ・ストック250:  126cc以上250cc以下の国産市販トレールバイク
【開催日】
 第1戦:4月4日
 第2戦:6月20日
 第3戦:9月5日
 第4戦:10月17日
※全てIna MINIと併催

■レギュレーション
  特別規則書  一般規則書


エクストリームクロス:「KING BIKERS」




まずはこれ↓をご覧ください。


※今回、gamesとのコラボで、昨年「MULTIPLEX JAPAN 01」で開催された「KING BIKES」としてレースを実施することが決定いたしました!

 この映像にある「Xtreme Cross」を伊那サーキットでシリーズレースとして開催します。

↓↓「MULTIPLEX JAPAN 01」での「Xtreme Cross」レース映像

コースとしてはこの映像のようなフロントアップしなければ越えられないセクションは設けない予定ですが(汗)見ている観客から歓声が上がるようなコースにしたいと思っております。

近年、アメリカやヨーロッパで、スタジアムや繁華街の真ん中に丸太やジャンプなどのセクションを設け、そのコースで速さを競う「エンデューロクロス」という新ジャンルが注目され、日本でも「MultiPlex01」や三宅島でのバイクイベントにて開催されるようになり、新たなレースカテゴリとして注目されるようになってきました。
丸太などのセクションを越えるトライアル的なテクニックと、モトクロスの瞬発的な運動能力とレースの駆け引きを兼ね備え、見る側にとってもスリリングで魅力のある「エクストリームクロス」というジャンルです。
 今回、伊那サーキットに協力いいただき、モタードコース内に専用のセクションを設け、他のサーキットでは真似することのできない、ダートにターマック、そしてセクションと3種類の路面タイプが存在する特設コースを作ることが実現いたしました。


■レース方式
 練習走行→タイムアタック(10分)→ヒートレース(8周)→決勝レース(10周)
■クラス
 ・プロクラス: エンデューロ、モトクロス上位入賞経験のある方、または同等のレベル
 ・レーサークラス: 初心者〜中級者
 ・ストック250:  250cc以下の国産市販トレールバイク
【開催日】
第1戦:4月18日
第2戦:7月4日
第3戦:9月26日
※全てSuper Moto Inaと併催


■レギュレーション
  特別規則書(※製作中)  一般規則書

マシン:基本的にオフロード走行可能なバイク。
タイヤ:フルサイズマシン・フロント21インチ以下、リア19インチ以下のオフロード走行用タイヤを装着の事


平日スタンダードターマックシリーズ戦:「Wednes Day CUP」


普段、サービス業などで平日しか休みが取れないライダーの為に始めたのが「平日最速王」を決める、この”Wednesday CUP”です。モタード、ミニバイクをマシン、技量別に細かいクラス分け編成にし、多くのライダーにに”レースバトル”を体感していただけようにしております。
レーススケジュールも午前中はフリー走行のみとし、走行時間を多く設定、せっかくの平日休みですので、しっかり走っていただけるようにしております。

■レース方式
 練習走行→タイムアタック(10分)→ヒートレース(8周)→決勝レース(10周)
【開催日】
 第1戦:5月26日(水) 受付中!
 第2戦:7月14日(水)
 第3戦:9月15日(水)
 第4戦:10月27日(水)

ミニバイクシリーズ:「Ina Mini」


アットエントリーが提案するミニバイクレースは車両クラス分けに加え、ビギナー、Over36クラスなど、多彩なクラスで「お金をかけずにバトルして楽しい!」レースを目指します。
近年、ミニバイクのレースレベルの精鋭化が進み、トップクラスのマシン制作費はものすごく、「金をかけたもん勝ち」な状況になってきております。そこで、ライダーが参加しやすいよう、レギュレーションは近隣サーキットのシリーズ戦レギュレーションに配慮し、ある程度の幅をもたせながらも、レースを楽しむことに専念できるものにしていきたいと考えております。但し、安全と「騒音」に関するレギュレーションはライダーの身を守る為に厳しく致します。

■レース方式
 練習走行→タイムアタック(10分)→ヒートレース(8周)→決勝レース(10周)

※2/4追記 レギュレーション発表&エントリー開始いたしました!
【開催日】
 第1戦:4月4日
 第2戦:6月20日
 第3戦:9月5日受付中!
 第4戦:10月17日

■レギュレーション
  特別規則書  一般規則書


電動バイクシリーズ:「Zero Emi GP」


電動バイクによるスプリントレース。マシンタイプやモーター出力等は問いません!スクータータイプでも大丈夫です。動力が電動の2輪車であればエントリーOK!(但し、ストレート(約100m)を50km/hくらいで走行できるのが望ましいです)日本一早い電動バイクを決めようではありませんか!大学や企業の研究チームも大歓迎!あなたのオリジナルマシンで戦ってください!

■レース方式
 練習走行→タイムアタック(10分)→ヒートレース(8周)→決勝レース(10周)
【開催日】
 第1戦:4月4日
 第2戦:6月20日
 第3戦:9月5日受付中!
 第4戦:10月17日

■レギュレーション
  特別規則書  一般規則書


エンデューロレース:「GARRRR CUP Ina Duro」


 伊那サーキットのロードコース、ダートコースを使用、その2つのコースを傾斜のある土手を ダイナミックにつないだコースレイアウトにし、他のサーキットエンデューロでは味わうことの できないレースが楽しめます。
 レースは1時間と3時間耐久エンデューロ。1時間は1名、3時間は1チーム3名までで、3ON3(3台まで登録OK)形式で行います。

●自走ライダー大歓迎!
 自走ライダーが気軽に参加できる環境として、自走専用パドックスペースやキャンプサイト、工具等の貸し出しを行ってまいります。

■レース・クラス
 ・1時間: 初心者・自走者対象、コースレイアウトも走りやすくし、トレールタイヤでも完走できるように設定いたします。
 ・3時間: 中級〜上級者対象、ガレ場にヒルクライム、林間セクションを設け、走り応えのあるコースレイアウトになっております。
■マシン
 ・安全面において、整備不良や突起物などの危険のないオフロード車両。排気量無制限

※2/13追記 レギュレーション発表 3/1エントリー開始!
【開催日】
 第1戦:5月5日(祝)
 第2戦:8月8日(日)
 第3戦:11月7日(日)

■レギュレーション
  特別規則書  一般規則書


マウンテンバイクエンデューロ:「Ina XC」


 コースはサーキット全体を使ったサーキットのアスファルトエリアと、ダートコースをミックスしたレースです。コースは標高差もあり、前半のサーキット部分を終えると、ダートコースまで一気に上る「ヒルクライム」が待ち構えています。
傾斜もきつめで、登り前半は草が生えておりスリッピー。ちょっと押しが入るかも?です。そして、変化に飛んだコースレイアウトのダートコースを終えると、今後は一気に駆け下りて、サーキットへ戻るというコース3時間かけて5名までのチームで、周回数を競うレースを行います。

■クラス
 ・アイアンマン(ソロ)
 ・カンパニー(職場)クラス
 ・ファミリー
 ・学生
 ・一般
細かいクラス分けを設定しておりますので、
どなたでも表彰台に上がれるチャンスありです!!

■前回、夏に開催時のフォトアルバム コチラ
コースやレースの雰囲気をつかんでいただけると思いますので是非ご覧ください。
■公式ブログ
最新ニュースやコース状況、レポート、スタッフ奮闘記(?)などは
「ママチャリeco耐久」ブログにて公開中 コチラ
【開催日】
 第1戦:5月3日(祝)
 第2戦:8月1日(日)
 第3戦:11月3日(祝)


ママチャリ:「ママチャリeco耐久」


 開催2年目を迎えた「ママチャリeco耐久」普段乗りなれているママチャリを使い、サーキットを3時間で何周走れるかを競うシンプルなレースですが、レース用ではない自転車で長時間走る厳しさと裏腹に走り終えたときの爽快感とチームの一体感を気軽な道具を使うことで味わえてしまうという、素晴らしいレースイベントです。また、この競技では二酸化炭素を一切排出しないので、究極の「エコ」スポーツと言えるのではないでしょうか。是非、お友達や会社の仲間を集め、「eco」な汗かいてみませんか?

■クラス
 ・アイアンマン(ソロ)
 ・カンパニー(職場)クラス
 ・ファミリー
 ・学生
 ・一般
細かいクラス分けを設定しておりますので、
どなたでも表彰台に上がれるチャンスありです!!

■公式ブログ
最新ニュースやコース状況、レポート、スタッフ奮闘記(?)などは
「ママチャリeco耐久」ブログにて公開中 コチラ
【開催日】
 第1戦:4月11日
 第2戦:11月14日

自転車チームエンデューロ:「伊那サーキットロードレース」


 「ママチャリeco耐久」の共催イベントして、2時間のチームエンデューロを開催。マシンはロード、マウンテンバイク、小径マシンで参加OK!「ママチャリじゃちょっときついしな・・・」というホビーレーサーのご参加をお待ちしております!

■クラス
 ・アイアンマン(ソロ) 個人、実業団登録TR、BR1登録選手
 ・カンパニー(職場) 同一企業に勤めている仲間
 ・ファミリー 家族(1家族で、3親等以内)で構成し、尚且つ1名以上の小学生がいること。
 ・学生 同一学校(高校・大学・専門学校等)に所属している仲間
 ・一般 上記以外のチーム
細かいクラス分けを設定しておりますので、
どなたでも表彰台に上がれるチャンスありです!!

■公式ブログ
最新ニュースやコース状況、レポート、スタッフ奮闘記(?)などは
「ママチャリeco耐久」ブログにて公開中 コチラ
【開催日】
 第1戦:4月11日
 第2戦:11月14日

■レギュレーション
  特別規則書

4輪タイムアタックレース:「Time Attack Battle INA」


 今年、初開催となる4輪イベントです。シグナルスタート形式でのタイムアタックをしていただき、そのタイムで順位を競うものです。普段、スポーツ走行では味わえない、スタートの”ドキドキ”あなたも体感しに来てください。また、クラスも細かく分類し、皆様に楽しんでいただけるようにしております。そして今回「痛車」クラスも設定!魅せるだけでなく、走りもカッコイイ!というところを見せてくださいね。

■クラス
 ・軽自動車
 ・FF(Sタイヤ・Rタイヤ)
 ・FR(Sタイヤ・Rタイヤ)
 ・四駆(Sタイヤ・Rタイヤ)
 ・電気自動車 NEW! 新設しました
 ・痛車(上記クラスとダブルエントリー可)
細かいクラス分けを設定しておりますので、
どなたでも表彰台に上がれるチャンスありです!!

■競技内容
 ・午前:フリー走行(20分x2or3)→タイムアタック(1回)
 ・午後:フリー走行(20分x2or3)→タイムアタック(1回)

  ◎昼休みに次回開催予定のタイムアタックトーナメントのテストを行います(希望者4名のみ、参加無料)
■参加費用
  8,000円(保険料込)

【その他併催イベント】

■スポーツ走行
走行時間:約20分
 料金: 1回:1,500円  3回パック:4,000円

■ビギナースポーツ走行レクチャーパック
サーキット走行が初めての方々の為の講習+スポーツ走行のパックとなります。
【パック内容】
 ・座学講習(コースイン・アウト方法、フラッグの説明)
 ・先導車と一緒にサーキットを慣熟走行
 ・サーキットフリー走行(約20分X3or4本)
 
  参加費:5,000円(保険料込)
【開催日】
第1戦:3月21日
第2戦:6月27日
第3戦:8月22日 受付中
第4戦:11月21日