モータースポーツイベント検索サイト

    2015全日本モトクロス選手権第4戦 SUGO大会





    2015年6月6,7日、宮城県スポーツランドSUGOにて「全日本モトクロス選手権第4戦中国大会」が開催されました。

    土曜日の朝まで雨が降り、コースコンディションが心配されましたが、天気が順調に回復しほぼベストコンディション

    でレースが開催されました。土曜日は曇りで肌寒いくらいでしたが、日曜日は晴天になり

    絶好のレース日和となった週末でした。

    今回のスポーツランドSUGOモトクロスコースは一部コース改修が行われ、よりテクニカルなコースになりました。

    通称「ルンバルンバ」と呼ばれるリズムセクションも、よくある等間隔なウォッシュボードとは違い、

    間隔が異なる配置になっていたため、非常に攻略が難しそうで、このセクションで抜きつ抜かれつのバトルも

    行われ、観ているお客様にはスリリングで面白みのあるコースになったと思います。









    モトクロスのスタートは横一列に並んで、一斉にスタートし1コーナーに飛び込んできます。

    IA1のスタートシーン。モトクロスは横一線でスタートし、こうして1コーナーに30台が一斉に飛び込んできます。

    今大会は#15星野裕選手が2ヒート共スタートを決めましたが、その横の#44小島選手もいいスタートを決め

    1ヒート目は後半までトップを快走していましたね。









    IA1決勝ヒート1。トップを行く小島選手に#1成田選手、#2小方選手がぴったりとマークし3台によるバトルが終始行われました。










    スネーク区間で、2位を行く成田選手だけ、アウトラインを走行していたのですが

    なかなか抜く気配がない・・・しかし中盤、そのアウトラインを使い一気に高いスピードで立ち上がると

    次のコーナーで小島選手のインへ一気に突っ込みパスをしました。

    結局、小島選手をパスするために、アウト側からスピードの乗れるラインを模索し、「今ならいける!」

    というタイミングを図っていたんですね!さすがV10チャンプ成田選手の走りだな、とおもいましたね。












    ゴールでもガッツポーズを決め、マシンを降りてからもこうして喜びを全開にしていましたね。

    今シーズン、肩の怪我で思うように結果が残せず、現在もランキング3位にいるので、

    完全復活をアピールし、今年もチャンピオンを獲ってやる!という気持ちがこうしたガッツポーズに

    つながったのでしょうね。












    IA2は#317富田選手の圧勝でした。

    予選から速さを魅せた富田選手は、決勝レースでも、両ヒート共ホールショットを決め誰も寄せ付けない

    走りで優勝を飾りました。この富田選手。ラップタイムで見ると、予選レースでは実はIA1のトップライダー

    よりも早いベストラップで走行していたのです!決勝でも、ラップタイムはトップを行く成田選手と

    0.2秒ほどの差しか無かったのです。来シーズン、IA1に昇格するのかわかりませんが、昇格しても

    おそらくトップクラスでの戦う事ができる逸材なのではないでしょうか。












    ヒート2ゴール後、両ヒート制覇を示す「ピンピン」をアピールした富田選手。

    昨年は勝谷選手に奪われたチャンピオン。その奪還に向けて、頑張って欲しいです。












    レディースクラス。やっぱり「華」がありますね。

    でも、その中で「カッコイイ!」「COOL!」と思うのが#3畑尾選手。サングラスを掛け、腕組みしている姿は

    男顔負けですよね。今回はレース中の転倒で怪我をしてしまいましたが、また元気な姿で戻ってきて欲しいものです。












    カメラを向けると「ニコッ」と笑顔をくれるのがレディースのライダーなんですよね。

    いつも笑顔をありがとうございます!!












    レディースクラス。レースはチャンピオン竹内選手の圧勝でした。

    他を寄せ付けない走りはおそらく、誰よりも練習量を積み、トレーニングもしているからでしょうね。

    これで3連勝の竹内選手。この連勝を止めるのは誰か。












    レース後、2位となった召選手と「ホンダワンツー」の2ショット。

    召選手は一昨年のチャンピオンなだけに、竹内選手への対抗心もあるでしょうけれど

    普段はとても仲良しなお二人のようですね。












    今回もコース内各所で様々なメーカーの応援旗がなびいていました。

    写真はヤマハ応援団の皆様。サインボード風の応援ボードは素晴らしいアイデアだな、と思いますよね。












    コチラはパドックのヤマハブースにて。

    渡辺祐介選手のファンなのでしょうね。こういった応援Tシャツ等を作って好きなライダーを応援する。

    これもモトクロス観戦の楽しみのひとつですよね。












    次戦は7月4,5日、神戸空港特設コースで行われます。

    詳細はコチラ

    次戦もモチロンレポートします。

    でも、生で観るのが一番!是非会場へおこしください!!